箕面の住宅

大阪府が事業主体となって開発された北摂に位置する箕面森町。

多世帯共生、環境共生、地域共生を掲げた昨今急激に開発が進んでいる。

その里山のふもとににある高低差3mの敷地に計画した。

周辺に広がる豊かな自然環境のcontextを解読し、取り込むことを意識し、

「方向性を持たせない」ことをコンセプトとした計画とした。

敷地に対して、どこが表でどこが裏といった一般的な解ではなく、

道路境界線/敷地境界線/遊歩道に対して等価な配置、及び等価なデザインとした。

3mの高低差も宅地造成することなく、その元ある高低差を自然に取り込み、

3mの高い敷地に建物を乗せることで、ピロティ、車庫に利用することとした。

 

クライアントは、60代の奥様と2人の娘さん。

 

各々のご要望を吸い上げていく過程において、

各々の個性を十分に引き出された空間を配置した。

 

 

クライアントご家族が、これから先もずっとこの住宅を

大切に、楽しんでお住まい頂けますように。

 

photo by Yohei Sasakura

om04_T9A8625
om04_T9A8625
om01_T9A8538
om01_T9A8538
om22_T9A8884
om22_T9A8884
om03_T9A8578
om03_T9A8578
om02_T9A8532
om02_T9A8532
om06_T9A8607
om06_T9A8607
om08_21A5963
om08_21A5963
om07_T9A8659
om07_T9A8659
om11_T9A8461
om11_T9A8461
om09_21A5886
om09_21A5886
om15_T9A8800
om15_T9A8800
om21_T9A8486
om21_T9A8486
1/3