Layers

敷地は、下北沢の中心から少し離れたところに位置する。


クライアントの希望は、

親世帯の古い家屋を壊し、

2世帯住宅にして親世帯、子世帯(夫婦+子供2人)の計6人で

住みたいということだった。

 

ご主人は一級 建築士で、

おおまかなプランニングはスケッチされていたため、

その提案をもとに地階にご両親の居住スペース、

1階に夫婦と子供達の寝室および 水廻り、

2階にLDKおよび上部にロフトを設けた。

各階は、中庭的なテラスをもつ屋外階段でつながっている。


構造は、一般的なツーバイ材と硬質木毛セメント板を

パネル化することで、搬入や建方のコストを削減した。

 

外壁は、法規に準じて網入りガラス、 FRP、鋼板、断熱材

そして木材を場所によって重ね合わせた。

 

レイヤーを幾重にも重ねた外壁は、

素材の組み合わせや厚み、そして間の空気層を調 整することで、光や熱を繊細に調整する役割をし、快適な住環境を創り出す。

 

ブリーズソレイユのような光の調整。

 

外壁面にレイヤーを重ね、空間の密度・深度を増し、
質感の変化を促すという方法論の一例である。

 


photo by Makoto Yoshida

System-Panel.jpg
System-Panel.jpg
p021.jpg
p021.jpg
p01.jpg
p01.jpg
06.jpg
06.jpg
059231c123aab23719d212c08913df7b.jpg
059231c123aab23719d212c08913df7b.jpg
p041.jpg
p041.jpg
p081.jpg
p081.jpg
13.jpg
13.jpg
p111.jpg
p111.jpg
p191.jpg
p191.jpg
p121.jpg
p121.jpg
p103.jpg
p103.jpg
p13.jpg
p13.jpg
12.jpg
12.jpg
14.jpg
14.jpg
p02.jpg
p02.jpg
1/1