聚光

“価値の再編“のために

「時間」「環境」「cross‐culture」をテーマに進めている

「古民家プロジェクト」の第三弾。


このプロジェクトでは福島県の海側の都市 いわき市に建つ

築120年を数える古民家のリデュースに取り組んだ。

 

失われつつある地域特有の建築様式、

文化、技術などを今に伝える古民家の本来の価値を取り戻す事。


そこに現代のライフスタイルに適応した住宅としての機能を

添付する事で価値の再編を行った。

 

トップライトから屋内に過去と現在をつなぐ光を導き、

メーカー と開発した断熱材を使用することで

環境型の建築へと変化させる。

サイディングに覆われた外観を耐久性に優れた素材を使い

以前の姿へと蘇らせ、失われていた 当時の形態を現代に残すことにより、文化の継承を担う。


3つの意味を併せ持つこの建築には

従来とは違う新しい価値が構築されている。


photo by Toshihiro Sobajima

jukou0001.jpg
jukou0001.jpg
jukou0011.jpg
jukou0011.jpg
jukou0000.jpg
jukou0000.jpg
jukou0010.jpg
jukou0010.jpg
jukou0005.jpg
jukou0005.jpg
jukou0004.jpg
jukou0004.jpg
jukou0006.jpg
jukou0006.jpg
jukou0003.jpg
jukou0003.jpg
jukou0002.jpg
jukou0002.jpg
jukou0008.jpg
jukou0008.jpg
jukou0007.jpg
jukou0007.jpg
jukou0009.jpg
jukou0009.jpg
15.JPG
15.JPG
14.JPG
14.JPG
13.JPG
13.JPG
12.JPG
12.JPG
1/2