gift of time

IKI TOSHINAO.worksのアトリエである。


宮大工により建てられた築48年の母屋の離れにあった

この9坪のスペースは、もともと納戸として使われていた。


ここには、代々伝わる遺物や骨董品など、

大正・昭和初期のモノが詰め込まれており、

あかずの間となっていたが、
独立するにあたり、当面の場所ということで、改修を試みた。

 

解体から、補強、仕上げに至るまで、

大工のアドバイスをもらいながら、self buildで行なった。

 

単にscrap & buildするのではなく、

今あるものを活かし、空間を劇的に変える。


そのことは、これからの住宅産業が人口クラスターの変異と共に

ストック型に移行していくことから、
単にスクラップするのではない手法のひとつとして、

今後間違いなく、根付くであろう日本の文化となりえ、

大切なコトである。


そのことを、敢えて体感・実感したかったのである。

祖父・父と大切に住んできた時間の贈り物として、

このアトリエを原点として大切に・・・


 

内観
内観
内観
内観
内観
内観
05.JPG
05.JPG
エントランス
エントランス
外観
外観
before
before
解体時
解体時
解体時
解体時
仕口加工
仕口加工
仕口加工
仕口加工
床・壁施工
床・壁施工
造作棚施工
造作棚施工
塗装
塗装
04.JPG
04.JPG
1/1