aLuminum-House

前面道路4m、高低差5mもある高台崖地における計画。
崖は北面に開け、田園都市を一望できる川崎市の住宅街にある。

将来的には二世帯住宅とするということであったが、
計画段階では、1階を駐車場とし、

2階で生活をするといったこと以外は特にご要望がなかった為、
生活のあり方を”All Living”というキーワードで構成した。

敷地状況として、重機が入りにくいことにより、

必然的に建物の軽量化が求められていた為、
アルミを構造体に採用し、工法にはアルミ構造における新たな切り口として、ボルトレスによるプレストレスト工法を採用した。

また、構造の主体となる壁や梁の部材を70×210mmに統一し

パネル化することで、使用するダイス(型材)を1種類のみとし、
更には部材製作を中国で行うことで、コストを抑えた。

通常アルミの欠点となる熱伝導率は

外部に透明の塗料を塗布することである程度まで解消し、
結露に関しては内部に結露受を設け、外部に逃がした。

”All Living”は、特定の機能がスペースを限定せず、

生活の中で自由な機能の選択をしていくという考え方である。
現代社会において、TVやパソコン、そして携帯等の媒体が

日常の一部となり、
個人と社会とのつながり・関係性が曖昧になっている状況下に

ある為、そのまま構成に反映させた形となっている。

そういった意味も含め、床の仕上げを全て同じタイルで連続させ、屋根をアルミのフレームとハニカム材で全体を覆ったことも、
場所性の非限定という意味を持つ。


photo by Makoto Yoshida

15.jpg
15.jpg
02.jpg
02.jpg
05.jpg
05.jpg
01.jpg
01.jpg
04.jpg
04.jpg
06.jpg
06.jpg
07.jpg
07.jpg
03.jpg
03.jpg
150.jpg
150.jpg
10.jpg
10.jpg
11.jpg
11.jpg
13.jpg
13.jpg
12.jpg
12.jpg
08.jpg
08.jpg
09.jpg
09.jpg
14.jpg
14.jpg
1/1